事例

住まいのリノベーション 「国立のハコ」

ご夫婦と2匹の猫ちゃんが暮らすマンションのリフォームです。
今回ご夫婦が購入されたマンションは、築年数40年のレトロな雰囲気のマンション。
共用部にはステンドグラスが施されていたり、お部屋の中にも、
初めて見たアンティークな分電盤や牛乳受けなど、
時代の流れを感じるパーツが各所に残る素敵な物件でした。
お二人で暮らす空間ですから、暮らし方のルールはお二人の中にあります。
じっくり考えた、お二人の理想の暮らし方への想いを、
ひとつずつ丁寧にカタチにしています。
お二人の高身長に合わせて、
キッチンや洗面台の高さを、普通より高めに設計するのはもちろんのこと、
家族だけで暮らすのだからラバトリーに扉は要らなかったり、
36㎡の空間を、少しの無駄もなく活かせるような空間作りになっています。
特にこだわっているポイントは、2つの「箱」。
ひとつはウォークインクローゼットとして利用され、特注の引き戸は、鏡を使って、
毎日のコーディネートの際に使うと共に、空間を広く見せる役割になっています。
もうひとつの「箱」は、上下で二層になっていて、上部はお二人の寝室になっています。
立ち上がることはできませんが、
圧迫感のない程よい天井高が、なんとも言えない落ち着いた空間になっています。
下部は収納スペースになっていて、空間を最大限に活用できるよう、
既存のタンスを利用したり、柱の位置を考えて設計しています。
とにかくこだわりのいっぱい詰まったこの部屋で、
これから始まるお二人の新しい暮らしが本当に羨ましいです。
  • 国立のハコ
  • 東京都国立市(設計+施工)
  • 専有面積:36㎡ / 構造:RC造 / 築年月:1970年9月 / 家族構成:ファミリー(猫2匹)

お問い合わせ

トップへ戻る