Spark 空間七変化 2020【映像記録プログラム】を実施しました

11月28日、空き家を活用した埼玉県北本市の新スペース「まちうさ」を会場に、空間の移り変わりを撮影する実験的な企画『Spark 空間七変化』を開催しました。

コロナ渦中ということもあり、ものくり商事も初めての試みとなる”映像記録”をメインとしたこのイベント。私たちの日常に寄り添う新たなコミュニティスペースのあり方を創出するため空き家の活用事例として、建物の二側面の壁がない開放的な空間をめいっぱいに活かして実現した様々な企画を、映像に残しました。

 

1.オンライン彫刻レッスン

講師として彫刻家の小島氏を招き、北本トマトを粘土でつくるオンラインワークショップ。コンピューターや撮影機材が所せましと立ち並ぶ独特な光景は、通りすがりの地域の方々の目にも留まり、興味をもって立ち止まってくださる方も。

2.ダンス×アート ライブパフォーマンス

コンテンポラリーダンサーの黒田なつ子さん/カズマ・グレンさんと、ペインター高田研二郎によるライブパフォーマンスは、アーティスト同士がお互いからインスピレーションを受け具現化していく、とても見ごたえのあるステージとなりました。建物の軒に足をかけたり、道路の近くギリギリまで体を寝そべらせたり、観客の目を引き付ける動きがもりだくさん。あっという間の二時間でした。

3.クロストーク

『spark』最後に行われたのは、スペースの改修を請け負ったものくりグループの代表 早坂拓紀と、「まちうさ」代表 新井利民氏によるクロストーク。北本観光協会さんやご近所に住むミュージシャンの方々も加わり、今後の地域のあり方について活発に議論が交わされました。

また、一日を通してあたたかいコーヒーとお菓子を提供してくださった「cafe2008」さん、焼き芋トラック「阿佐美や」さん、本当にありがとうございました! 

『spark』の様子は後日映像として当社ホームページやSNS、YouTubeにて配信される予定です。お楽しみに!

 

【スペースについて】「まちかど交流スペースうさぎっ子(略称まちうさ)」は、元魚屋の空きスペースを利活用し、新たな地域の交流の場として改修したコミュニティスペースです。運営は、この建物の2階に事務所を構えるNPO法人北本学童保育の会うさぎっ子クラブ。リフォームに際しては、不動産の利活用事業を展開している(株)ものくり商事が担当。様々な用途でここを活用したいという想いから、変幻自在に空間をカスタマイズできるよう、スペースの特徴を活かし全体をスケルトン空間に。人が行き交うこの角地がつながり、地域が元気になる中心スポットとして育っていくことを願います。